【まちのプロジェクト基金】 第1期寄付募集にあわせて、伴走支援者を募集します! 

2019年2月17日

【北海道NPOファンド・まちのプロジェクト基金】

第1期寄付募集にあわせて、伴走支援者を募集します!

(伴走期間:2019年2月~7月)

伴走支援の実践経験の機会に

認定NPO法人北海道NPOファンドの新しい助成プログラム『まちのプロジェクト基金』では、「クラウドファンディングに挑戦することによる組織基盤強化」を目的として、現在開発途上の助成プログラムです。この度、第1期の募集に際し5団体が応募、そのうち札幌地区・旭川地区から、それぞれ1団体が、寄付募集フェーズに進むことになりました。これから寄付募集に際して、基盤強化を意識したファンドレイジングに関する一連の流れを、この2団体で実施していくことになります。

説明会用資料スライド https://goo.gl/EKFbdU

北海道の中間支援組織スタッフのスキルアップや実践経験の機会として、この2団体の伴走チームの一員になりませんか?これまでの経験や知識を活かし、また深めるチャンスです。お待ちしております!

 実施概要

・4月~6月の寄付募集期間に合わせ、ファンドレイジング戦略の策定および伴走支援を行います。
☆実施必須事項
2月:担当者・伴走者打ち合わせ  3月:伴走団体との寄付募集に関する会議
4月~6月:月1回以上の状況共有・打ち合わせ  7月:振り返り会
8月以降:伴走支援者育成研修会での報告(予定)

※スケジュールは、伴走団体・伴走者間で調整します。会議・打ち合わせは、Web会議ツール等を積極的に利用して行いますので、必ずしも現地訪問しなければならないというものではありませんが、可能な限り伴走団体とのコミュニケーション機会を作ることをおすすめします。
・対象者:NPO中間支援組織に所属するスタッフ、または日本ファンドレイジング協会北海道チャプターに所属する認定ファンドレイザー・准認定ファンドレイザー資格所持者
・募集人数:各団体3名まで
・交通費等の実費については、各支援組織でのご負担をお願いします。負担が困難な場合は、当ファンドまでご相談ください。

伴走団体

【札幌地区】 NPO法人みみをすますプロジェクト(札幌市)
http://mimisuma-sapporo.com/
NPO法人みみをすますプロジェクトは、福島だけではない放射能と津波の被災地域への支援、そこに住む在住者への支援、全国(北海道)に存在する避難者への支援、被災地へ戻る帰還者への支援、特にそこに関わる全ての子ども達への支援活動を目的としています。
主担当:高山大祐(北海道NPOファンド事務局)

【旭川地区】 NPO法人ぴっぱらの森(鷹栖町)
http://rairu.com/

森のようちえんは2~5歳児の幼児を対象とした通年型の幼児施設である。1年を通じて豊かな自然環境の中、こどもの主体的な遊びを活動の主軸とする。こどもと大人が一緒に育ち合う関係性をつくるコミュニティとしての役割も担っている。乳児を対象とした子育て支援事業・小学生を対象とした自然体験活動を行う。
主担当:佐藤綾乃(NPO運営サポート・あの屋/認定ファンドレイザー)

◇ 協力 ◇
日本ファンドレイジング協会北海道チャプター

◇ 注意事項 ◇
こちらの伴走支援者募集は、ファンドレイジングまたは基盤強化の業務委託ではないため、伴走者への報酬はありません。支援センタースタッフの研修の一環としてご検討ください。また伴走期間中は、伴走団体と自組織または個人との間において、必要とされる事業に関する契約を行うことを妨げることはありませんが、ファンドレイジングや基盤強化に関する契約や業務請負は行わないようにご注意ください。

◇ 申込み・お問合せ ◇
認定NPO法人北海道NPOファンド (担当:高山)
メール npofund@npo-hokkaido.org
http://npoproject.hokkaido.jp/
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74市民活動プラザ星園201
TEL:011-200-0973  FAX:011-200-0974