北のNPO基金 規約

第1条(基金の設置)
認定NPO法人北海道NPOファンド (北海道札幌市中央区南8条西2丁目5-74) に、「北のNPO基金」 (以下、基金) を置く。「北のNPO基金」の中で「NPOプロジェクト基金」と「市民活動支援基金」を置くものとする。

第2条(基金の目的)
「NPOプロジェクト基金」は、北海道内で活動するNPO等市民活動団体の事業資金を個別基金として一般募集し、資金調達をサポートすることを目的とする。
「市民活動支援基金」は、北海道内で活動するNPO等市民活動団体の事業資金調達をサポートすることを目的とする。

第3条(基金の目的)
基金は、目的に賛同する個人または団体等からの寄付金、その他をもって原資とする。

第4条(基金の管理・運営)
基金は、認定NPO法人北海道NPOファンド理事会 (以下、理事会) が管理・運営する。
基金は当ファンド財務諸表の注記の中で「使途の指定された寄付金」として会計報告する。この基金の会計年度は、毎年10月1日に始まり、翌年9月30日に終わる。
寄付金とは、寄付金及び寄付金から生ずる利息等を含む総額をいい、基金創設の趣旨に則り、運営管理することとし、運営上必要となる経費として寄付金の10%をNPO法人北海道NPOサポートセンターへの事務委託費に充てるものとする。
個人、団体等からの寄付金については寄付を受け、基金に繰り入れた時点でいかなる事由があっても返金はしないものとする。また寄付者の氏名、額、団体名などの個別情報開示は一切行わない。

第5条(基金の造成)
1) 基金の造成は理事会での立案・審議を行うものとする。理事会の運営は定款に記載の通りとする。
2) 理事長は総会において、当該年度の運営内容を報告する。

第6条(対象団体の選定)
支援先団体の選定は以下の各号に基づき、理事会の決議で選定する。
1) 北海道内で活動する団体であること。
2) 過去/現在の活動状況が明瞭で、非営利の団体であること。
3) 反社会的行為ならびに反社会的組織と無縁であることが確認できること。
4) 本基金からの寄付及び活動に理解共感し、相互に協力関係が保持できること。
5) 理事会で定めた公募規定に沿った申請をした団体であること。
6) 選定理由は非公開とする。

第7条(公募規定)
公募規定は理事会で別途定める。

第8条(情報公開と組織基盤強化)
選定団体は情報公開につとめ、希望する場合はNPO法人北海道NPOサポートセンターによる組織基盤強化アドバイスを受けることができる。

第9条(本規約の改廃)
本規約の改廃は理事会立案、審議を経て理事会の承認を得なければならない。

附則
この規約は平成28年11月29日より施行する。