北海道NPOファンド 沿革


設立趣旨

元北教組書記長・副委員長で、札幌地区労働組合協議会議長を長年務められ、1997年に他界された越智喜代秋さんが、遺言で遺産の一部をNPO活動に寄贈する旨意思表示されました。

1999年 NPO推進北海道会議により「NPO越智基金」設立
2002年12月 「北海道NPO越智基金」として、NPO法人格を取得
2011年3月 幅広く市民活動を支援するファンドとして活動を進めるため、「北海道NPOファンド」と名称を改める。ファンドのしくみを一新する。
2011年3月 『東北地方太平洋沖地震被災者支援基金』の設置
2011年6月 「北海道ろうきん被災者支援基金」設立(同年6月助成金交付)
2011年8月 「連合北海道被災者支援基金」設立(2012年3月助成金交付)
2016年5月 認定NPO法人格を取得
2016年9月 2016年台風10号等による災害救援活動支援基金を設立。街頭募金活動を行う(同年12月助成金交付)。

越智基金の助成実績

1999年から2016年まで417件、総額2716万円の助成を北海道で活動する非営利法人・団体に対して行いました。