キヨマップFC サッカーでつながる 福島× 北海道

NPO法人みみをすますプロジェクト

目標金額:
713,000円
集まった金額:
166,548円
達成率:23.4%

下のフォームからクレジットカードによる任意の金額の寄付ができます。
寄付する金額を入力して、確認ボタンをクリックしてください。
※寄付金額は1000円から受け付けています。


サッカーが紡ぐ一生ものの出逢いをきみに送りたい♡


みみをすますプロジェクトを応援してくれたみなさま(PDFファイル)

実施団体からのメッセージ

北海道胆振東部地震のあと、グランドは仮設住宅に使われ、屋外での活動には多くの不安がのしかかりました。サッカーができなくて淋しい、練習がないのにユニフォームだけはしっかり着ている、私たちはそんな子どもたちを笑顔にしたくて「よし、みんなをサッカーで栗沢へ呼ぼう!」と動き出したのです。

被災地と被災地をつなぐサッカー保養交流「キヨマップ FCプロジェクト」

NPO法人みみをすますプロジェクト理事長 みかみめぐる

放射能が降ってきた

2011年3月、東北地方を襲った大震災と福島第一原発の大事故によって大量の放射性物質は風に乗ってどんどん広域に飛散し、福島県内陸部の中通りも汚染されて子ども達は外遊びや野外活動ができない日々が続きました。汚染されたグラウンドの土を入れ替える除染作業が始まっても、町のあちこちに設置された放射性物質の空間線量を測るモニタリングポストの数字は決して安心できる数値ではありませんでしたから、我が子の健康被害を心配するお母さん達の不安は増すばかりでした。

サッカー保養交流がスタート

福島県川俣町の川俣中学校サッカー部も外練習が出来なくて屋内スポーツに転向する子が続出。部員数が激減してサッカーが大好きな子ども達の悔しい日々が続いていました。それを知った私達は「夏休みに北海道で心も体ものびのびと思いっきりサッカーを楽しんでもらおう !!」と岩見沢市立栗沢中学校サッカー部保護者会の皆さんと一緒にサッカー保養交流「キヨマッププロジェクト」をスタートさせました。註:名称は栗沢町を流れる清真川(キヨマップはアイヌ語)に由来する。

練習グラウンドは仮設住宅になった

昨年9月、北海道胆振東部地震が発生。キヨマップメンバーは被害の大きかったむかわ町で炊き出しボランティアをしました。そこには「大好きなサッカーがやれなくなった」と話すユニホーム姿の子どもがいました。調べてみるといつもサッカー練習で使っていたグラウンドには仮設住宅が建てられ、屋外の活動には色んな不安がのしかかっていたのです。「被災した胆振東部のみんなに今度は自分たちも何かしたい !!」と福島県川俣町からも声が上がりました。

被災地と被災地をボールで繋いで笑顔になろう

6回目となる今年は、福島県の子ども達と北海道むかわ町の子ども達を栗沢に招きます。「一緒にサッカーボールを蹴ってたくさんの笑顔を創りたい !!」。 私達の願いはとてもシンプルです。まだまだ運営資金が足りません。皆様、どうぞ今年のキヨマッププロジェクトを応援してください。よろしくお願いいたします。

the キヨマップ・ヒストリー

原発事故被災地・福島県の青少年に、不安なくのびのびとサッカーを楽しんでもらうため、2014年に中学校の部活交流からはじめた保養合宿。卒業しても毎年参加するOBたち、いつしか小学生も巻き込み、総監督に北海道出身、元コンサドーレ札幌の深川友貴さんを迎えFCへと進化。 6回目となる今年は北海道胆振東部地震の被災地からも青少年が合流し、清真布(キヨマップ)川の流れる岩見沢市栗沢町で一緒にサッカーを楽しみながら友情を育む機会をつくります。

これまでのキヨマップFCの活動はこちら

URL http://www.mimisuma-sapporo.com

継続する保養活動が育むもの

子どもたちを支える2つの地域の人々、企業、団体がプロジェクトの実現のために力を発揮してきました。その経験が、昨年夏には北海道胆振東部地震の被災地への炊き出しボランティア活動の源となりました。 「被災した胆振東部の人々に今度は自分たちが何かしたい」、これは福島県川俣町のキヨマップメンバーの気持ちでもあるのです。結ばれた地域が、今後も起こりうる自然災害を意識し、共に向き合う力となるようにこの交流を持続させることが課題です。

実施スケジュール

7月下旬〜8月上旬、4泊5日のサッカー保養合宿「キヨマップFCプロジェクト」に胆振東部地震被災地の青少年が2日間特別参加します。深川友貴総監督(元コンサドーレ選手)の特別練習、交流会、北海道コンサドーレ札幌の試合観戦などを予定しています。
スケジュール決定! キヨマッププロジェクト2019
7月29日=栗沢町に集合! 
30日=トレーニング 
31日=深川友貴さんのサッカー教室! 
8月1日=キヨマップカップ(交流戦) 
2日=再会を誓って解散  
むかわチームは31日、1日の両日に合流予定です!

 

寄附金の使途

北海道胆振東部地震の被災地に住むサッカー少年がキヨマッププロジェクトに特別参加するための移動交通宿泊費、食費、 北海道コンサドーレ札幌を一緒に観戦するためのチケット購入費、交流会費、資料等郵送費、スタッフ活動費、会議費等に使います。

プロジェクトの近況

団体情報

名称 NPO法人みみをすますプロジェクト 代表者 みかみ めぐる
設立 2013年12月19日
URL http://www.mimisuma-sapporo.com

ゆうちょ銀行からのご寄付

※通信欄に「みみすま」「キヨマップ」など応援しているプロジェクトが分かるようご記載ください。
ゆうちょ銀行 郵便振替口座
口座番号(記号・番号) 02770-7-79475
加入者名 北海道NPOファンド(ホッカイドウエヌピーオーファンド)