北のNPO基金

認定NPO法人北海道NPOファンドが、北海道のNPO、公益、非営利活動促進のために設立した基金です。公募助成やクラウドファンド型助成、冠基金助成などを行います。認定NPO法人への寄付は税制優遇措置の対象になります。

お知らせ

  • 2019.11.10|第1期まちのプロジェクト基金の評価報告書を公開
  • 2019.11.08|2019年10月27日 セミナー「社会的インパクトを伸ばす評価の役割」を開催
  • 2019.11.01|2019年10月26日 千歳市と共催でファンドレイズと事業評価をテーマにした「市民協働フォーラム」を開催
  • 2019.10.14|令和元年台風19号災害支援への寄付

  • まちのプロジェクト基金

    まちのプロジェクト基金では、事業プロジェクトを公募し、各々のプロジェクトごとに当基金と申請団体が協力して寄付金・支援を募ります。組織診断、伴走支援と一体となった寄付募集助成プログラムです。2019年9月、助成額が確定、助成を実施しました。2019年4月から6月まで第1期寄付募集を行いました。みなさまのご協力をお待ちしています。2018年12月3日応募開始。2019年1月、申請団体を対象とした組織診断を実施。2019年2月、寄付募集実施段階に進む2団体を選定、2019年4月から6月まで寄付を募集しました。まちのプロジェクト基金

    まちのプロジェクト基金は、クレジットカードまたはゆうちょ銀行を通じて寄付を受け付けています。応援するプロジェクト名か団体名を添えてお振込みください。
    ゆうちょ銀行 郵便振替口座 口座番号(記号・番号) 02770-7-79475
    加入者名 北海道NPOファンド(ホッカイドウエヌピーオーファンド)


    寄稿集

    連載「まちのプロジェクト基金ができるまで」その5~クラウドファンディングの手法を組織基盤強化に

    佐藤綾乃・北海道NPOファンド運営委員/NPO運営サポートあの屋代表 「あの屋」では、 ”本来のミッション”に集中できる環境づくり』をミッションに、NPOのバックオフィス支援など運営改善の「きっかけづくり」をお手伝い。旭 […]

    連載「まちのプロジェクト基金ができるまで」その4~伴走支援の役割

    北海道NPOファンド事務局 高山大祐  まちのプロジェクト基金は、伴走支援をつけることによって、資金集めの取り組みを組織診断・基盤強化に活かしていくことを狙いの一つとしています。伴走支援がつくこと自体は、クラウドファンデ […]

    連載「まちのプロジェクト基金ができるまで」その3~『組織診断』は、NPOにとっての健康診断

    佐藤綾乃・北海道NPOファンド運営委員/NPO運営サポートあの屋代表 「あの屋」では、 ”本来のミッション”に集中できる環境づくり』をミッションに、NPOのバックオフィス支援など運営改善の「きっかけづくり」をお手伝い。旭 […]

    連載「まちのプロジェクト基金ができるまで」その2~コミュニティ財団の先進事例に学ぶ

    北海道NPOファンド事務局 高山大祐 “伴走支援と一体となった事業指定型寄付助成プログラム“である、まちのプロジェクト基金は、構想としては2016年に北のNPO基金として事業を再編したときからありました。この基金の目的は […]


    お問合せ

    お問合せフォーム
    寄付意向確認フォーム
    TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974 月~金曜日10:00~18:00

    設立趣旨・実績

    「越智基金」と北海道NPOファンド

    元北教組書記長・副委員長で、札幌地区労働組合協議会議長を長年務められ、1997年に他界された越智喜代秋さんが、遺言で遺産の一部をNPO活動に寄贈する旨意思表示されました。NPO推進北海道会議は、越智喜代秋さんの意志を受け継ぎ、1999年「NPO越智基金」を設立、2002年12月「北海道NPO越智基金」としてNPO法人格を取得しました。
    1999年から2016年までに「越智基金」として、417件、総額2,716万円の助成を実施し、NPOの活動の発展に寄与しています。

    助成実績

    越智基金・市民活動支援基金 / 冠基金一覧 / 「いぶり基金」助成実績 / 被災者支援基金 / 北海道ろうきん被災者支援基金 / 連合北海道被災者支援基金